03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ジョルジョ・ヴァザーリ展

2011/12/13(Tue)
「ヴァザーリとイタリア・ルネサンスの芸術」シンポジウムへ行ってきました。


ジョルジョ・ヴァザーリはイタリア・ルネサンス期の建築家であり画家であり・・・
幅広い分野で活躍した人物で、有名なヴェッキオ橋の上のヴァザーリの回廊の設計者です。


000013_20111122112627377420b0.png


シンポジウムを申し込んだときには満員だったんですが、
ドタキャンもあるのでは?とシンポジウムの日に京都大学総合博物館へ足を運んでみましたら

ラッキーなコトに座って傍聴する事ができました(=^_^=)






111210-2.jpg
メディチ家の自宅と仕事場である執政所を結ぶために造られたヴァザーリの回廊





111210-3.jpg
フィレンツエ最古で有名なヴェッキオ橋とその上のヴァザーリの回廊





111210-4.jpg
この回廊は1kmもあるそうですが、どこに描かれているかわかりますか?
スポンサーサイト
13:47 建物見学 | コメント(0) | トラックバック(0)

芦屋街歩き

2011/04/12(Tue)

やっと暖かくなって桜も満開

お散歩にぴったしな季節になってきましたねぇ~



先日芦屋街を2時間ほど散策してきました





滴翠美術館(てきすいびじゅつかん)
 昭和7年(1932)建設

 設計:安井武雄
 施工:竹中工務店

110412-1.jpg




どっかの国にありそうな石像

110412-2.jpg






山手夢保育園
 平成19年(2007)建設

 設計:アーキテクト ファーム
 施工:前川建設株式会社

110412-3.jpg






芦屋仏教会館
 昭和2年(1927)建設

 設計:片岡建築事務所
 施工:高橋組

110412-4.jpg






芦屋カトリック教会
 昭和28年(1953)建設

 設計:長谷川鋭吉

110412-5.jpg





内部

110412-6.jpg




芦屋警察署
 昭和2年(1927)

 設計:兵庫県営繕課
 施工:不詳

110412-7.jpg

玄関周りのみ保存されています。






旧逓信省芦屋別館(現在芦屋モノリス)
 昭和4年(1929)建設

 設計:不詳
 施工:不詳

110412-8.jpg







連続アーチ窓やライオン像が特徴的な建物

110412-9.jpg






芦屋図書館打出分館

 大正初期 建設

 設計:不詳
 施工:不詳

110412-10.jpg


110412-11.jpg






ライトの遺産でもあるヨドコウ迎賓館は外観をチラ見。。。

今度はゆっくり内部見学に行こう
10:37 建物見学 | コメント(1) | トラックバック(0)

うさぎ神社

2011/01/12(Wed)

今年はウサギ年

厄除け・縁結びで有名な京都の岡崎神社へ行ってきました





お正月はかなり混んでいたらしぃけど

えべっさんのこの日はガラガラだろうと思っていたら

大間違い




観光バスで参拝に来られてる方もたくさんいて

参拝するのに20分

雪が降ったり止んだり。。。と不思議な天気の中参拝してきました。
110111-1.jpg



そのおかげで境内のあちこちにあるウサギさんたちをパチリ

ウサギは氏神さまの使いと伝えられているそうです。
110111-2.jpg


一番手前のウサギさんは土鈴

あとはウサギのおみくじのウサギさんたち
110111-3.jpg



参拝後、おみくじとお守りを買うための行列
110111-4.jpg



40分ほど並んでやっと買えたおみくじ

かわいぃ~

だけど結果は小吉


小吉ってどぉなんだろぉ~??

ちなみに元旦に引いたおみくじは末吉と小吉。。。(ノ>д<)ノ


飛躍できるんだろか




飛躍できるようにと飛躍守もゲット
110111-5.jpg



手水屋形(ちょうずやかた)の黒ウサギ

安産祈願にと並ばれてましたが、私には縁がないので横から写メだけね
110111-6.jpg




10日はえべっさんでした


無病息災 家内安全 商売繁盛をお願いに

京都ゑびす神社へも行ったけど

やっぱりここも行列
110111-7.jpg



神社のハシゴ。。。

人ごみと行列は覚悟していたけど、

ゑびす神社の参拝客はこれでも去年より減っていたらしぃ。



大阪は増えてたそぉなので

雪は降っていたけど京都へ行って正解だったかな
10:18 建物見学 | コメント(4) | トラックバック(0)

タウンウォッチング in東大阪

2010/07/05(Mon)
東大阪市の北東に位置する鴻池新田へ行ってきました。


1705年に鴻池善右衛門によって開発された新田のある町で
鴻池新田会所には本屋・屋敷蔵等 5棟
1980年に重要文化財に指定された建物が建ち並んでいます。

100703-1.jpg
鴻池新田会所は鴻池家による新田経営の拠点だったそうです。
中に当時の収支表が掲示されていたのですが、
目が飛び出るような金額が動かされていました。


100703-2.jpg
本屋

100703-3.jpg
本屋(重要文化財)内部
土間にはたくさんのかまどがあったのですが写真ボケボケ。。。><


100703-4.jpg
大空間土間を造る為、大きな梁が張り巡らされていました。

現工法では、梁と梁を付き合わせた形で金物でつなぎますが
当時の梁は、梁の上に梁を重ねた形状でつなぎ合わされていました。
もちろん金物なんて一切使用されていませんよ!!

100703-5.jpg
木製建具はもちろん、歪んだガラスがいいなぁ~

100703-6.jpg
欄間の細工も凝ってます
木工用ボンドのない時代にどうやって止めていたんだろ。。。

100703-7.jpg
今も使われていると思われる井戸

井戸水は飲料水として使用するなら保健所の検査が必要ですが
散水等に使用するだけなら検査・許可等なしに使用できます。

100703-8.jpg
井路川舟

この舟で大阪近郊で採れた河内木綿を江戸へ運び、
空で戻ってくるのは勿体無いので、参勤交代後の引越し荷物を運んで戻っていたそうです。

100703-9.jpg
米蔵・道具蔵・文書蔵(重要文化財)には当時使われていた農具類が展示されています。

100703-10.jpg
柱と柱の間の半割り丸太

これは寸足らずの間柱ではなく
蔵内に米等を保管したときに壁を傷めない為に設けられた当時の技


100703-11.jpg

竹の皮が張り巡らされた趣のある居宅




この後はタウンウォッチング
水路沿い(たまに上)を小雨が降ったり止んだりする中歩いて見学し
その後はもちろん 美味しいビールを飲みに 懇親会会場へ





1日中お留守番をさせてしまったので
罪滅ぼしにあげたおやつにがっつくジュピたん
100703-12.jpg
これで許してくれたかな?
19:48 建物見学 | コメント(2) | トラックバック(0)

西大寺の大茶盛

2010/04/12(Mon)
奈良の西大寺で開催された『春の大茶盛』へ行ってきました

top.jpg
                             【写真:奈良市観光情報センターより】


写真の通り30cm以上もある特大サイズの碗でまわし飲み

重くて1人ぢゃ持てません

勢いあまって顔にかかりそうになるので、おそるおそるすすりましたよ


お味はもちろん、結構なお手前で


そうそう、お茶の前には非売品だと仰ってたお菓子も頂きました

これが甘さ控えめで美味しかったぁ~
あと2つはいけたかもヾ(≧∇≦*)ゝ


                         


近鉄奈良線 大和西大寺からすぐ近くに現在建立されてる現在の西大寺の敷地は約1万平米あり、
その昔はその約7倍もの広大な敷地だったそうです。

100410-1.jpg

土曜日と言うこともあってか、たくさんの人が観えてました。
晴れやかな着物姿の方もたっくさん

100410-2.jpg
はかなり散ってましたが、空のブルーとのコントラストが綺麗


100410-3.jpg
愛染堂

100410-4.jpg
鐘楼:三手先組物が華やか~

100410-5.jpg
本堂の屋根


大茶盛は年に2回開催されてるので次回は秋ですよ
13:53 建物見学 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。