07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

タウンウォッチング in東大阪

2010/07/05(Mon)
東大阪市の北東に位置する鴻池新田へ行ってきました。


1705年に鴻池善右衛門によって開発された新田のある町で
鴻池新田会所には本屋・屋敷蔵等 5棟
1980年に重要文化財に指定された建物が建ち並んでいます。

100703-1.jpg
鴻池新田会所は鴻池家による新田経営の拠点だったそうです。
中に当時の収支表が掲示されていたのですが、
目が飛び出るような金額が動かされていました。


100703-2.jpg
本屋

100703-3.jpg
本屋(重要文化財)内部
土間にはたくさんのかまどがあったのですが写真ボケボケ。。。><


100703-4.jpg
大空間土間を造る為、大きな梁が張り巡らされていました。

現工法では、梁と梁を付き合わせた形で金物でつなぎますが
当時の梁は、梁の上に梁を重ねた形状でつなぎ合わされていました。
もちろん金物なんて一切使用されていませんよ!!

100703-5.jpg
木製建具はもちろん、歪んだガラスがいいなぁ~

100703-6.jpg
欄間の細工も凝ってます
木工用ボンドのない時代にどうやって止めていたんだろ。。。

100703-7.jpg
今も使われていると思われる井戸

井戸水は飲料水として使用するなら保健所の検査が必要ですが
散水等に使用するだけなら検査・許可等なしに使用できます。

100703-8.jpg
井路川舟

この舟で大阪近郊で採れた河内木綿を江戸へ運び、
空で戻ってくるのは勿体無いので、参勤交代後の引越し荷物を運んで戻っていたそうです。

100703-9.jpg
米蔵・道具蔵・文書蔵(重要文化財)には当時使われていた農具類が展示されています。

100703-10.jpg
柱と柱の間の半割り丸太

これは寸足らずの間柱ではなく
蔵内に米等を保管したときに壁を傷めない為に設けられた当時の技


100703-11.jpg

竹の皮が張り巡らされた趣のある居宅




この後はタウンウォッチング
水路沿い(たまに上)を小雨が降ったり止んだりする中歩いて見学し
その後はもちろん 美味しいビールを飲みに 懇親会会場へ





1日中お留守番をさせてしまったので
罪滅ぼしにあげたおやつにがっつくジュピたん
100703-12.jpg
これで許してくれたかな?
スポンサーサイト
19:48 建物見学 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
おつかれでした~
雨の中、がんばって歩きましたね~☆
いろいろと面白いお話が聞けて、
楽しかったです♪
ビールも美味しかったし。。。

また飲みに勉強しに行きましょう!
じゅぴたんかわい~☆
>なかちゃん
雨の上、ムシムシしてて歩きにくかったのに
ホントによくがんばって歩いたねぇ~
でもご褒美があるからがんばれるって単純過ぎ?(笑)

またご褒美付きの勉強会へいきましょe-454


ジュピたん。。。毎度親ばかでスミマセンe-264


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。