05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

相談会

2010/04/26(Mon)
今週末はホントいいお天気でした
ジュピとお出掛けしたい場所はたくさんあるのだけど
お仕事も大事
八重桜が綺麗に咲くとある街で住宅相談会の相談員をしてました。


お天気が手伝ってか、チラシ効果か。。。
たくさんの方がおいで下さいました


一番多かった質問が、
『設計事務所とは何ぞや?』

確かにハウスメーカーさんや工務店さんにお願いしても
家は建ちますから設計事務所をプラスαと捉えられても仕方ないのかも知れません。

ですが、設計事務所は
『クライアントの代理人』なのです。

設計事務所と言うくらいですから、もちろん設計図を書きます。
この設計図から見積りを取るのですが、比較検討の為に
数社から見積りを取ることが可能になります。
ここで大きく違うのは、
ハウスメーカーさんや工務店さんからは1通の見積書しか出てこないので
価格が相応かどうかの見極めが難しいところですね。


家は図面がなければ建ちません。
設計図通りに工事か進んでいるかどうか、建築のプロとして確認・検査する
監理業務も設計事務所の仕事です。
もちろん設計図通りに進んでいなければ、指示・指導を促した上で
クライアントに報告します。

何度も言いますが、設計事務所はクライアントの代理人です。
ですので、クライアントの不利になることは避けます!


相談会にはいろいろな方がお越しになり、専門家として普通に思っていたことが
質問にあがったり。。。と貴重な体験をさせて頂けた2日間でした
18:51 お仕事 | コメント(4) | トラックバック(0)

N邸完成

2009/11/17(Tue)
N邸完成しました。


0911172


収納やWCとする事があたり前となってきた階段下ですが、
今回はあえてリビングの一部としてみました。


デザイン性があり存在感も十二分にありますが、
ケコミ板のないストリップ階段は小さなお子さんや高齢者には危険です。

今回のお施主さまは、小学生のお子様2人と高齢者と呼ばれるには
あと●十年はかかりそうなご両親でしたので、遊び心を多分に取り入れた設計となりました。


0911171


リビングの上部は吹抜けで、上部からも光・風を取り込みます。
その吹抜けとお子様の部屋とがつながっているので
お母さんが1階にいても喧嘩をすればすぐにわかります。
わんぱく盛りな男の子2人ですから(^^;


吹抜けをやめて部屋をひろげるコトももちろん可能です。
ただし、部屋が広がればお掃除範囲も広がります。
↑これ私の一番不得意なトコです(^^;


今のこのご家族の生活では大満足な広さだとおっしゃって下さいます。

ですが、人は変化します。生活ももちろん変化し続けていきます。
狭いと感じた時に床を張れば部屋は広がるのですから
今のこの空間を居心地のよい空間として楽しんでほしいです。


『家に合わせた生活を送るのではなく、生活に合わせて家を変化させていく』


これこそが注文住宅の醍醐味だと信じています。
変化させたいと思った時に私の顔を思い浮かべて下さったら
設計者冥利に尽きますね。
12:08 お仕事 | コメント(4) | トラックバック(0)
« Prev | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。